マンションを売るにもローン残債が気になる!

転勤や新しい家族の誕生などによって、マンションを売る機会が生じることもあり得ます。そんな時、残債ローンの存在が足かせになって購入に踏み切れないという人もいるかもしれません。しかしながら、結論からいえば残債ローンの有無にかかわらずマンションを売ることは可能です。

買い替えローンやつなぎ融資などのサービスを利用することで実現します。

詳細について見てみましょう。

マンションを売る時のスケジュール設定について

気になるマンションの買い替え

マンションの売却に興味関心があったとしても、ローン残債があることを理由に具体的な行動に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。マンションといえば、決して安い価格で購入できるようなものではないだけに、「売る」という決断をすること自体にも大きな勇気が必要です。

マンションを購入したにもかかわらず、そのマンションの売却を迫られるということも決してないわけではありません。転勤や新しい家族の誕生などがあれば、売却をしなければならない事態も生じてきます。マンションの売却は必ずしも家族にとって望ましいタイミングで巡ってくるとは限りません。

「遠方に引っ越しをしなければならない」や「もう少し広めの住まいが必要」などと新しい住居を見つけなければならない時は、人生にとっての大きな節目とも言えるでしょう。当然ながら、ある程度のまとまった資金が必要です。

万一、現在住んでいるマンションを売却してからの資金計画となるならば、そのマンションの売却価格が気になるところです。購入時よりも資産価値が上がっているのであれば心配はありませんが、大抵の場合は資産価値の目減りや値崩れが起きているケースが想定されます。

マンションを売る良いタイミングとは?

知っておきたい抵当権とは!

結論からいえば、残債ローンがあったとしてもマンションの売却は可能です。むろん、残債ローンはないに越したことはありませんが、有ることだけを理由に諦めることはないと言えるでしょう。

マンションの売却でカギを握るのは、マンションの売却代金で残っている残債ローンを完済することができるか否かということです。もし、残債ローンを完済するのが無理ならば、様々な方法を検討する必要があります。マンションを売却するには抵当権を抹消するため、完済することが条件となるからです。

言い換えれば、例えギリギリであっても完済してしまえば良いのです。抵当権とは、債権者が債務者に対して履行できる権利であり、通常の場合では銀行などの金融機関が債権者として権利を持っています。もし、借り手である債務者の返済が行き詰った時には、担保として物件を差し押さえることが可能です。

抵当権が外れるのはローンが全て完済された後です。「マンションの売却額が残債ローンを下回るケースでは絶対に無理なの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。この場合、足りない差額分を現金などでカバーすることができれば問題ありません。

どうしても無理というなら、買い替えローンを利用するという手段もあります。しかしながら、ローン残高が増えることにもなりますので、安易にローンを組むことは控えた方が無難です。

不動産無料一括査定サイトの活用も

マンションを売却することで残債ローンを全てクリアにすることは可能です。そのためには、さまざまな情報を入手するなどして少しでも有利な条件で売却できることが重要となってきます。現在では、マンションを売るための手段や方法は実に多岐に渡ると言えるのではないでしょうか。

従前のように懇意にする不動産だけが頼りというような状況ではありません。ネット上の不動産無料一括査定サイトなどを活用するのも有効な手段の一つです。万一、不動産会社を通してのマンション売却を進めるなら、信頼できる不動産会社を見つけることが一にも二にも重要です。

「自宅に近いから」や「親の代からお世話になっている」などといった理由だけで決めるのではなく、いかにユーザーやクライアントのために有利に売却を進めてくれるかが大事なポイントです。不動産無料一括査定サイトを使うことで、満足の行くマンション売却ができたという人もたくさんいます。

利用者の中には「本当に信頼できるの?」と不動産無料一括査定サイトに対してネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。しかしながら、心配は無用です。サイトの運営をするのはしっかりとした会社であり、サービスの品質や精度の高さにも定評があります。

安易な妥協は禁物

残債ローンがあるからといって、マンション売却を焦って決めたり、安易に妥協するなどしてはいけません。あくまでも、希望の条件に沿うような買い手が現れるまで辛抱強く待つことも重要です。不動産会社によってはやみくもに売却を進めてくるようなケースもあるかもしれませんが、そのような場合でも冷静な判断に基づいて対処するようにしましょう。

予め目標売却額や目標時期などを明確に決めておき、それに達しなければ全て見送るなどの強い覚悟も必要です。残債ローンがあっても新たな不動産購入を進めたいなら、つなぎ融資を利用するという手もあります。つなぎ融資とは、購入者が見つかるまでの期間に受けられる融資のことであり、通常の住宅ローンよりも高く金利が設定されているのが特徴です。

融資を受けるためには、審査をパスする必要があります。万一、マンションの購入者が現れない場合には不動産会社が80%程度の価格で購入しますが、通常の売却額よりも下がってしまうというデメリットがあります。

何かと費用負担は大きい!

マンションを売却するにあたっては、さまざま費用がかかることも念頭に置くべきと言えるでしょう。残債ローンがあるケースなどではついつい売却額などにばかり注目してしまいがちですが、売却に伴い発生する費用や手数料なども決して少なくありません。

一概に言うことはできませんが、売却額の5~7%程度の費用がかかります。具体的には、不動産会社に支払うことになる仲介手数料や抵当権抹消費用、印紙税に譲渡所得税などが挙げられます。また、銀行などの金融機関から借りているローンを一括返済する場合には繰り上げ返済手数料も払わなければいけません。

マンション売却後に新たに新居を購入する人は、これに加えて購入時にかかる諸々の費用も用意しなければならないでしょう。官公庁窓口や電気ガスなどの公共サービス手続きなどと慌ただしくなります。